訪問看護ステーション ゆうび

訪問看護ステーション とは

訪問介護ステーション
自宅で日々の健康管理や点滴・注射・バルーン交換・リハビリのお手伝いなどを、看護師が自宅に伺い医療行為を行います。 介護保険・医療保険のどちらにも対応し、主治医の先生との連携も行います。

在宅医療とは

  1. 処  置  …    褥創、排痰援助、バルーン交換、点滴、採血、消毒 他
  2. 管理・指導 …    病状観察、在宅酸素、血圧、栄養、衛生(清潔)、服薬、健康管理、リハビリテーション 他
  3. 相談援助  …    病気についての助言を通じて、日常生活の過ごし方の相談を受ける

「訪問看護ステーションゆうび」の役割

触診
 上記のように、訪問看護は直接的な医療処置から病状の安定をはかるための相談援助など健康維持・介護予防に幅広く関わっています。 
 例えば看護師の役目は、病院においては、病状を理解し医師と相談し病状が上向くためには何が必要かを考え計画し、他職種との連携をはかり「より良い状態で退院を目指す」ことに尽力します。 
 在宅においては、「病状の安定とより健康的な生活維持、介護予防」を目標とすることにあります。「訪問看護ステーションゆうび」では、ご本人の安定的な生活環境の確立のため介護と一体的にサービス提供にあたります。 
この介護サービスの提供においては、ご本人の病状や身体状況を的確に把握して、どんなサービスやケアが必要になるかを看護師の計画の下、ヘルパーに伝え、それらの行為に付いては教育的な役割も行います。 
 一般に多く見られる例で言いますと、骨粗しょう症で圧迫骨折を繰り返している方の場合、日常生活動作や栄養に関する注意点はどのようなものなのかをヘルパーに伝え、ヘルパーはそれらの助言の下、食事のメニューや移動時の注意点をより理解し計画実行する事になります。 
このように医療と介護の連携なくして在宅ケアは成り立たないと「ゆうび」では考えています。

社内研修について

1)看護カンファレンス

カンファレンスは毎週開催されます。看護職員全員が出席し、ご利用者様それぞれの病状と今後の看護計画が発表されます。職員の持つ疑問等についてもこの場で解決を図ります。

2)新入社員研修

「ゆうび」入社時には、それまでの看護経験にとらわれず、2週間の研修を行います。接遇・マナーや介護保険制度まで広くカバーします。

3)セミナー・研修会利用

各団体で行われる、研修会やセミナーに積極的に参加しています。

4)ゆうび「介護教室」での講師役

ゆうびで行われる、「無料介護教室」に講師役として出席します。医療に関することの講義を担当します。スタッフはボランティアとして、地域社会に私たちの技術を還元し社会貢献に努めます。
有限会社優美
〒066-0017
北海道千歳市日の出1丁目1番41号
          カルナビル2F
TEL.0123-22-5511
FAX.0123-22-6611
介護保険法 指定事業
・ 居宅介護支援事業所 ゆうび
・ 訪問看護ステーション ゆうび
・ 訪問介護ステーション ゆうび
・ デイサービスセンター ゆうび
障害者自立支援法 指定事業所
・ 指定相談支援事業所 ゆうび
・ 障がい者支援事業所 ゆうび
・ 就労移行支援事業所 ゆうび
・ 就労継続支援事業所 ゆうび
その他の関連事業
・ ゆうび福祉タクシー(一般旅客用)
・ ゆうび介護福祉塾(ホームヘルパー養成研修)